立食パーティ、それとも着席のパーティ?

立食パーティ、それとも着席のパーティ?

立食パーティ、それとも着席のパーティ?

ケータリングサービスの場合、立食パーティと着席のパーティとでは、同じ人数のプランでも費用が大きく異なります。
では立食パーティと着席のパーティ、それぞれのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

 

まずメリット、デメリットの云々の前に参加者の顔ぶれによって着席のパーティの方がいいケースがあります。
年配者が多い場合は着席が必須になります。
やはり、立食パーティでは長時間立つ事になるため疲れてゆっくりと食事を楽しむ事が出来ません。

 

また年配者が多い場合は、コースメニューがフレンチだった場合にいくつか注意点があります。
胃に負担がかからない材料や調理法、また箸でも食べられる内容のメニューを選びましょう。
また結婚式の二次会などでは女性客は、ドレスに高いヒールとオシャレをしてパーティに訪れます。
そのため、立食パーティではなく着席のパーティの方が喜ばれるでしょう。

 

立食パーティのメリットは、費用を抑える事が出来るという点、
そして自分の好きな料理を好きなタイミングで食べる事が出来ます。
好き嫌いやアレルギーにも配慮する事が出来ます。

 

そして同窓会など久しぶりの友達が多く集まる場では、
自由に動ける方がいろんな人と気軽に話す事が出来ます。
立食パーティはカジュアルな雰囲気となりますし、
着席のパーティの方は落ち着いた雰囲気となります。
そのパーティの目的や出席者の顔ぶれを見ながら、
メニューやプランを選ぶと失敗は少なくなるでしょう。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ